やりがいと面白みを感じることができる。堀川化成にはその理由があります。

自分の企画したものが事業化に繋がる
そんなことが出来る会社。

小倉 旅人 [滋賀工場 新規事業開発グループ]
関西学院大学大学院 理工学研究科

なぜ、堀川化成に入社しようと思ったのですか。
学生時代は化学を学んでおり、サークルでは環境サークルに入っていたので就職活動中は学んでいたことを活かし、地球環境に貢献できるような仕事を探していました。偶然出会った堀川化成の説明会では、自分のやりたいことにぴったりだったので、非常に興味を持つことができました。入社後は新規事業開発グループを任せてもらい、自分の企画したものが事業化まで繋がれば、喜びも達成感もひとしおだと思いますので、その日を目指して日々開発に取り組んでいます。事業を軌道に乗せることが現在の目標です。
会社のアピールポイントは何ですか。
若いうちからいろいろな仕事を任せてもらえるので、毎日常に責任を感じつつも意識を持って仕事に取り組めています。社長との距離が非常に近く、1人1人に社長が期待をしてくれています。現在は、新規事業開発グループで、情報収集から調査、実験の組立てなど、主体的に業務に打ち込んでいます。入社前に想像していた以上に中心となっており、これからの会社の行く末を担う責任ある仕事を任せてもらっています。

若いうちから中心となってどんどん取り組みたい、
そんな人にはぴったりの会社。

北山 祐也 [滋賀工場 試験研究科]
関西大学大学院 理工学研究科

今の仕事内容とやりがいを教えて下さい。
現在試験研究科で営業が持ち帰ってきた新規サンプルが、受け入れ可能なものであるのかを見極める仕事と、既存顧客の原料の組成に変化がないかを調べる仕事をしています。
新規顧客のサンプルに関しては、営業がせっかく見つけてきた原料ですし、もちろん蒸留が成功すれば取り引きに繋がる可能性は飛躍的に上がります。会社の行く末を左右すると言っても過言ではない部署ですから、ミスは絶対に許されません。プレッシャーは非常に大きいですがとてもやりがいを感じることができます。また、重要な部署を若手にも任せていくところは当社の魅力の一つだと思います。
今後の目標教えて下さい。
前処理を1つ加えるだけで蒸留が上手くいくようになるケースがあります。今後はそういった、「ひと手間」を学び、新たな蒸留方法や処理方法の研究を行い、扱う事のできる原料を増やしていきたいです。扱える原料が増えれば、会社の活躍の場面も広がり、環境への貢献度も増していきます。会社の活躍のフィールドを広げていくことが目標です。

会社の中のどんな分野においても活躍のできる、
オールラウンダーな人間になりたい。

廣幡 雅司 [滋賀工場 製造研究開発課]
大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 応用生命科学専攻出身

仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか。
今は製造研究開発課に所属し、製品の生産計画を立てて現場へ指示を出す仕事を担当しています。サンプルで出た収率を元に製品量を予測して出荷計画を立てているのですが、実験器と工場では規模が違いますから必ず誤差が出ます。大抵は工場の方が収率は上がるのですが、計画の立て方やスタッフの配置を工夫し、計算以上に収率を上げることが出来た時は嬉しいですね。
しかも、当社の製品は分析機械で品質管理がしっかりなされ、数値で管理されています。お客様に数字という絶対的な表記で自信を持って製品を納品できる点も、この仕事、堀川化成で働くやりがいになっています。
今後の目標教えて下さい。
私は学生時代環境の勉強をしており、特に「リサイクル」という分野に興味を持って研究を進めていました。堀川化成がまさにその環境問題に強い意識を持って事業に取り組んでいることを知り、共感を覚えたのが入社したきっかけです。
今では製造研究開発課で忙しくも充実した日々を送っていますが、堀川化成で働くようになって「何か一つだけに突出した力を持つのではなく、どんな分野においても活躍のできるオールラウンダーな人間になりたい」と考えるようになりました。なにか不測の事態が起こったとしても、オールマイティーにどの部署でも業務を担当できる人間がいれば、会社にとっての安心材料になれると思ったのです。ですので、今のうちからいろんな経験を積んで、会社の中のどんな部署でも必要に応じて活躍できる人間になりたいと思っています。

憧れの先輩に
追いつけるよう日々奮闘中。

物部 亮太 [本社 営業課]
関西学院大学 理工学部 化学科

なぜ、堀川化成の営業に興味を持ったのですか。
私は学生時代化学の勉強をしており、環境にはかなり興味がありました。就職活動を進めるうちに堀川化成と出会い、事業内容を聞き非常に共感を覚えました。それまで、選考に参加した企業では、淡々と面接を進める会社ばかりだったのですが、堀川化成は社員さんが学生1人1人と話をして、場を和ませてくれました。「こんなに人に対して真っ直ぐに向き合っている会社があるんだ」という印象でした。そこで、ある社員さんと出会い、「かっこいい!この人みたいになりたい!」と思ったことが一番の入社の決め手になりました。
「大変だ」と思うのはどんな時ですか。
世間一般でいう「営業職」のイメージは売れてなんぼ!というイメージだと思います。しかし当社の場合、お客様が化学工場で溶剤を扱っているところになるので売るユ―ザーがかなり限られてきます。製品に関しても非常に厳しい検査機能と管理機能が当社には備わっています。正直なところ、営業マンとしては少しでも多くの原料を仕入れたいですし、一社でも多くのお客様に製品を提供したいです。でも、厳しいチェックを通過しなくてはいけないので「仕入れたい!」「提供したい!」だけでは通用しません。だからこそ売れたときの喜びは人一倍です。当社には尊敬できる先輩が多くいます。説明会で感じた、「こんなかっこいい人になりたい」と思う先輩に追いつけるよう日々奮闘しています。

さらに仕事の幅を広げ、縁の下の力持ちとして
会社に役立っていきたい。

蒲田 多恵子 [滋賀工場 事務]
滋賀大学 経済学部 企業経営学科

なぜ、堀川化成に入社しようと思ったのですか。
堀川化成は若い人も多く、発言しやすい雰囲気です。誰にでも質問できますし、社長とも気さくに話が出来るところは堀川化成の魅力の一つ。実は私たちが日々業務を行っているデスクは、社長が「使いやすさ」を第一に設計して下さった特注のデスクなんです。さらに、部屋に一人で業務に取り組む事になっても孤独を感じないようにと、隣の部屋との間の壁には窓が設置されていて、3つ向こうの部屋の様子までもわかるようになっています。そのお陰で社員同士コミュニケーションが取りやすく、仲の良さにも繋がっているのだと思います。
堀川化成の雰囲気を教えて下さい。
事務職に対する社長の考えは「現場の人のサポートをする」という考えですが、逆に現場の方からフォローしてもらうことも少なくありません。できるだけ外出をしている人たちが安心して仕事を事務に任せることができるようにミスゼロを目指して仕事に取り組んでいます。また、ISOを機能させることができれば、新しい溶剤が入ったときでもスムーズに対応できるので、いち早くISOを機能させて会社全体の業務効率化を図っていくことが現在の目標です。
pagetop
大阪本社 大阪市鶴見区横堤4-9-34 TEL/06-6911-6131〜3
滋賀工場 滋賀県甲賀市甲賀町隠岐2403-25 TEL/0748-88-6595~7